包茎を治す治療法って?

値は張るが、やはり手術が安全

自力で包茎を治す場合、最も多い仮性包茎の場合しか治すことはできませんし、皮の余り具合によってはそれも困難になります。
どの包茎も基本的に余っている革を医師に診てもらい、勃起時に障害が残らないように切り取っていきます。仮性包茎の場合は実費なので高くつきますが、通常時のみ亀頭を露出できるカントン包茎と、勃起時、通常時共に亀頭を露出できない真性包茎は保険が適用させることがほとんどです。カントン包茎と真性包茎は亀頭が細くなってしまうだけでなく、性交に支障が出たり、不衛生で病気にかかりやすいといったことがあるので、早めに医師に相談してみましょう。真性包茎は無理やり皮を剥くと、亀頭が締め付けられうっ血する危険があるので無暗に剥くのは止めましょう。

仮性包茎は自力で治せる!?

仮性包茎にも色々あり、勃起時に完全に亀頭が露出するタイプから半分被ったままのタイプなどありますが、勃起時に完全に露出する方は、基本的に治す必要はありません。これは正常な状態とも言え、普段から露出しているのは広い視野で見ればマイノリティなのです。 勃起時も被ってはいるものの手で簡単に剥くことができる方は、普段から定期的に剥いてみたり、通常時に絆創膏など肌に優しい粘着性のテープを使って露出させておけば、亀頭が刺激を受け自然と大きくなります。そうすることで勃起時に剥けるようになることがあります。 特に普段から剥く癖をつけることによって亀頭が刺激になれることで性交の時間を延ばすこともできますし、嫌な臭いも減ることに繋がります。

包茎治療の方法は大きく2つに分けると、確実な治療が可能の「包茎手術」と自宅での治療が可能の「包茎矯正器具の使用」とがあります。