今からでも大丈夫!誰にもバレず包茎は治せます!

包茎の種類と手術のバリエーション

包茎手術をすることで男性のコンプレックスをなくし、衛生面での問題も改善することができますよ。そんな包茎手術には、仕上がりの状態や包茎の具合によっていくつかの種類に分けられます。まずは包茎の種類を紹介します。亀頭の一部が露出している仮性包茎、亀頭の露出がない真性包茎、そして先端がキツく、勃起時も露出することがないカントン包茎の3タイプです。これに対し、手術で切り取るラインが横一文字の手術、そしてジグザグに切ることで傷跡を目立たなくさせる手術など、希望に合わせて選択することが可能ですよ。ただし、カントン包茎の場合は一部の手術しか選べないことがあるので、あらかじめクリニックに確認するようにして下さい。

手術の痛みと術後の過ごし方

手術は基本的に数時間が平均的です。入院する必要もないので、術後はすぐに帰宅することができます。また、局部麻酔をするので手術の痛みもほとんどありませんよ。
術後は当日、もしくは翌日までシャワーは控えて方が無難です。また、入浴は皮膚が癒着するまで入れないことが多いので、それまではシャワーで我慢して下さい。最近では体に吸収される糸を使用するので、抜糸の必要ありません。しかし、人によっては吸収されるのが遅い場合があるので、クリニックでの抜糸が必要になるケースもあります。いずれにしても、激しい運動をしなければ仕事にも影響がなく、職場にもバレずに済みます。男性にとってはデリケートな問題で、家族にも内緒にしたい方が多くいるので安心です。その場合でも特に気にすることはないので、悩んでいる方は積極的に手術してみて下さい。